債務整理をした体験

お金が無いと、マイナスのスパイラルのように落ちて行きます。お金が無いのに借金をして、そして返済が大変なので、また別の企業から借金をして返済してと、幾つも借金を抱える人は多く存在します。そのように、お金が無いからこそ起こりうるマイナスな現象と言うのは、最後には、破産をしたり、夜逃げをしたり、お金が欲しいからと犯罪を犯したりと言うひどいマイナスのスパイラルにも陥ることもあります。しかし、そうなる寸前で何とか食い止めようと言う方法があります。これは借金で支払いが出来なくなった人でも、個人が再生出来る救済のシステムです。これは債務整理と言います。債務整理とは、破産が含まりますが、その破産するよりも一歩手間で食い止められる、民事再生や任意整理などもあります。私は、任意整理の債務整理をしました。任意整理をすると、金利が無くなって、月々に無理な金額の返済金額が低い状態になります。これは自分で必ず払える返済額を言って協議するのです。それで認められて企業とも合意出来たらなら、無理なく残りの借金を返済して行く方法なのです。債務整理をすると、金融機関とトラブル事故が合ったと言う事で、ブラックリストには載りましたが、完済終了後の5年後にはブラックリスト消えていました。だから、また先で金融取引はスムーズに出来ます。お金が無いと、落ちて行く方向に行きがちですが、何とか債務整理をして留まって、また人生を一からやり直しする事が出来ました。